金曜の夜のくつろぎ

僕はお酒を飲むのもサシが基本で、
それは、人と人とのコミュニケーションを大切にしたいから。

金曜の夜は、明日は休みということで、
気が合って、気を許せる人とサシで飲みに行きたい日なのに、

最近は仕事が入ったり相手の都合がつかなったりして、
ずいぶんご無沙汰してたけど、

今日は久しぶりに実現。
「つぼ八」なんて、随分久しぶりだけど、

肩肘を張らない人との週末の飲みは、
こういう店の方がくつろげるな、とふと感じて。

1週間の心の洗濯ができたかなって。。。
そう自然に思えるひとときになったから、

F君、ありがとね。
[PR]
# by thanksdiary | 2004-11-06 02:00 | 今日のありがとう

昼休みのひととき

今日の東京は日本晴れで、

昼休みに久しぶりに日比谷公園を散歩して、
一緒に歩いた人が周りを見渡しながら歩くので、

自分も普段はセカセカと脇目もふらずに歩くところを、
今日は周りを見渡すことができて。

今まで気づかなかった、静かに佇む木々の数々。。。
その中には樹齢が何百年だろうという銀杏の木もあって。。。

これまで黙々と生きてきたその生命力に、
普段気づかなかった浅はかさも手伝って、

心を重心を低くして落ち着けるような気持ちの中で、
自然の営みの重みを人知れず感じて。

今日が平日だということを思わず忘れそうになったひとときを、
。。。ありがとう。
[PR]
# by thanksdiary | 2004-11-04 23:25 | 今日のありがとう

音楽が人に伝えるもの

今日は久しぶりにバイオリンのリサイタルというものに出かけた。

一流のソリストで、もちろん期待通りの素晴らしい演奏だったけれど、
音だけではなくて。

ステージの上で楽器を使って、身体全体で表現しているような、
それも自分の世界の中で楽しんでいるのを、周りも一緒に楽しませてもらっているような。

日常生活の中で、そういう感情を抱くことが少ないからか、
憧れと、羨ましさと、嬉しさとが一緒になったような感覚に包まれて。

100年以上も前から、多くの人が感じてきたであろう感慨を、
今日は自分が味わっているんだということを実感しながら、

とてもリッチなひとときを過ごすことができたことで、
最近ご無沙汰していたとても幸せな気分に浸れて。。。

。。。ありがとう。
[PR]
# by thanksdiary | 2004-10-31 22:00 | 今日のありがとう

知人の披露宴で。。。

新郎新婦の幸せそうな姿を視界に捉えながらも、
目の前に綺麗に並んだ食器の数々に、

これから出てくる料理への期待が膨らんで。。。

シェフの挨拶の中で、今朝とり立ての野菜の紹介があって、
ソムリエがワインを注ぎながら、ワインを一言で分かりやすく説明して、

プロたちが披露宴に彩を添える姿が、いつになく新鮮に感じられて。。。

主役であって主役でない、脇役であって脇役でない、
そんな立ち回りを綺麗にこなしていくプロたちの、

行き届いた料理とワインとサービスとに、
新郎の挨拶の中で、「今日は僕たちも料理を堪能します」と一言あって。。。

集った皆が堪能し尽くしたプロの仕事を、ありがとう。
[PR]
# by thanksdiary | 2004-09-21 04:58 | 今日のありがとう

榛名山のふもとで。。。

土曜日、日曜日と出かけた榛名山のふもとには、
祖父母と叔母夫婦が住んでいて、

別荘地に囲まれた自然の豊かなところで、
自分たちが主役になって生き生きと生活していて、

東京では時間に追われる日常の自分も、
しばしの間、広大な自然の懐に抱かれて、

人間の小ささと自然の大きさを体中で感じながら、
日常の煩いがとてもつまらないものに感じられて。。。

最高の週末を、ありがとう。
[PR]
# by thanksdiary | 2004-09-21 04:48 | 今日のありがとう

小さな居酒屋で。。。

神田にある30人くらいで一杯になるお店で、
活きの良い刺身が何種類もある店でありながら、

決して飾り立てたりしない朴訥としたおやじが、
一人、包丁を握って黙々とやっていて、

その職人気質が何とも言えなくて、
行くたびに心和むその風景に心地よく酔いが回って。。。

最近ご無沙汰して、ふと思い出したように足を運んだら、
親父の横に初めて若者が一人、食い入るような目でその仕事を見つめて、

お互い一言も交わさない雰囲気と、若者の身体から伝わる緊張感に、
あれは仕事の先輩後輩ではなく、親子なんだなと直感した。。。

真剣に店を継ごうとするその意気込みが、
若者の何も会話のない堅い表情からも読み取れて、

この小料理屋にも将来があるんだなと、妙に嬉しくなって、
軽い足取りで店を後にした、この間の水曜日。
[PR]
# by thanksdiary | 2004-08-20 18:05

至高のカクテル。。。

先週土曜日に、小ぢんまりとした店を借り切って、
開いたカクテル・パーティー。

集まったのは12名で、カウンター一列に着席して、
バーテンダー暦56年というジョージさんが次々に作るカクテルを、

出されるままに味わって、堪能して、感動して。

メニューをみて頼むのでなく、
ジョージさんが「おいしいよ?」と言ってシェーカーを振るに任せて、

出されるペース、ジョージさんのペースに身を任せて。

7時から始めて4時間以上もカクテルづくめで、
それでも次から次に新しい驚きがあって。

カクテルの世界も奥が深いんだなって、しみじみ感じたひととき。

76歳のジョージさんの半世紀を超えるプロの歴史が、
グラスの一つ一つに凝縮されていて、

立ち振る舞いから何から、プロを感じさせるその姿勢、生きざまに
人生の一つの形を見せられたような気もして。

久しぶりに感じた本当の豊かさ、幸せ。
またこんな気持ちになれる機会がやってくるかどうか、

。。。分からないから、心をこめて、「ありがとう。」
[PR]
# by thanksdiary | 2004-08-16 22:28 | 今日のありがとう

焼酎のおいしさ

昨晩、池袋で友人と飲んだときに、
最近の焼酎ブームで、お店の数が相当増えていて、

その中から選んだ1軒で、さすがに焼酎の種類が多くて、
メニューをみてもどれを選んでよいか決めかねて、

芋の味が良く出ていて、それでいて後味のさわやかなモノを!
一回飲んだら忘れられないような特徴のある芋焼酎を!

とか、店員にいろいろ注文をつけると、
その都度、3つか4つの銘柄の候補がスラスラと出てきて、

そのうち何となく響きがいいものを頼んだら、
まさにピッタリの味の焼酎で。

店員の人たちも焼酎が好きなんだな、と思ったら、
その分、焼酎も美味しく感じられて。

何か、すごく得した気分で、
今度はまた別の友人を連れてきたいな、と。

。。。ほんのりと心温まる日曜日の夜を、ありがとう。
[PR]
# by thanksdiary | 2004-08-02 18:46 | 今日のありがとう

人のぬくもり。。。

5月にたまたま知り合って、会うのはまだ2回目なのに、
自然に肩の力が抜けて、6時間があっという間に過ぎていって。

後から思い出せば、車から眺める景色、喫茶店でのお茶、
NY風のオイスターバー、話したこと、すべてが明瞭によみがえって来て。

その全ての記憶の背景にその人の笑顔があって。

会社の経営者らしい芯の強さと、意外なほどの純朴さに、
こんな人っているんだなって秘かに感激して。

先週の土曜日がそんな日だったなんて、未だに不思議に思えて。
今なお心に残る余韻が心地よくて。

ありがとう、で言い表せないことってこういうことかも知れないと、
ふと思いながら、

それでも心の中で。。。ありがとう。
[PR]
# by thanksdiary | 2004-07-27 18:14 | 今日のありがとう

映画の字幕から。。。

CAMPという映画を観てきて、

ストーリーも良かったけれど、
心に焼きついた字幕のフレーズが二つあって。

It's never too late.
(決して遅すぎるということはないよ。)

They never know when they will bloom.
(いつ花が開くかなんて誰にも分からないから。)

決して目新しいフレーズではないけれど、
改めて心に焼きついたのは、

僕自身、歳を重ねるなかで、やらずに諦めていることが多いからなんだな、と
映画からの帰り道でしみじみ思った。

何よりも、自分自身が励まされたような気がして、
観てよかったなって。

。。。ありがとう。
[PR]
# by thanksdiary | 2004-06-13 07:35 | 今日のありがとう

パーティーで

友人の出版記念パーティーに行ってみたら、
知らない人ばかりだったけど、

みんな友人を応援していて、
好意の輪の中で、友人も嬉しそうで。

その最後にハーモニカを吹いた人がいて、

両手の平に大事そうに包んで吹く、
そのハーモニカの音が、どこか切なく愛らしくて。。。

その素朴な音色に、僕の心は静かに嬉しくて。

長生きして、これからも人の心にその音色を届けてくださいね。

ありがとう。
[PR]
# by thanksdiary | 2004-06-10 07:02 | 今日のありがとう

道を歩きながら...

MP3プレーヤーというのを買って、
「音楽を連れて歩く」という感覚を楽しんでいて。

普段歩き慣れた道でも、イヤホンをかけていると、
BGMとイメージの組み合わせが、

何かドラマを見ているようで...
自分が自分でないような...

通勤の途中とか、昼休みとかの少しの時間が、
ガラッと変わって楽しくて。

つかの間のリフレッシュ・タイムが充実してて。

誰にというわけでもないけれど、「ありがとう」。
[PR]
# by thanksdiary | 2004-06-04 17:53 | 今日のありがとう

スタバでのひととき

いつも昼休みは近くのスタバに足が向いて、
店の人とも親しくなっていて。

レジの前には結構人が並んでいるから、
ゆっくり会話はできないけれど、

それでも、心がホンワカするような一言二言の
やりとりが嬉しくて、

きっと、それが、僕の足がスタバに向く理由。

笑顔の余韻で味わうアイスカフェラテの味は格別で。
こんなひとときは、スタバのおかげ。

ありがとう。
[PR]
# by thanksdiary | 2004-06-03 13:07 | 今日のありがとう

このブログを見に来てくれている人へ...

いろいろあって、このブログの更新が全然出来なくて、
久しぶりに今日自分のブログを覗いたら、

一ヵ月以上も更新できないでいたのに、
その間も毎日何人もの人が来てくれていて。

来てくれた人一人一人の中に、「今日のありがとう」があったんだろうなと、
心がジンとして、嬉しくなりました。

正直、「ありがとう」という言葉がどうしても出てこない日があって、
それでも最初のうちは搾り出すようにしてたんだけど、

やっぱり自然体が大事だと思って、毎日でなくてもいいことにしたら、
今度はとても間が空いてしまって。

このブログのコンセプトは、僕自身、これからも大事にしていきます。
毎日更新できないかもしれないけれど、これからもどうぞよろしく。

そして何よりも、皆さんの心の中にも、
「今日のありがとう」が見つかりますように。

毎日来てくれて、本当にありがとう。
[PR]
# by thanksdiary | 2004-06-02 09:37 | 今日のありがとう

初めて食べたピンチョス

小さなフランスパンのようなものの上に乗った料理の数々。

一口で食べてしまえる可愛らしさ。

それほど大きくない角皿に9個も並んでいて、それぞれまったく違う風情。

ご馳走のミニチュア版とでも言おうか。

目で楽しみ味を楽しみながら、あっさり流れていった夕方の1時間。

...楽しい時間を、ありがとう。
[PR]
# by thanksdiary | 2004-04-21 06:34 | 今日のありがとう

昨日のありがとう...

以前に死ぬ思いをしたことがあって、周囲の人が、道を歩くただそれだけをみても、
幸せそうに見えたっけ。

結局、それは検査の結果大丈夫で、今こうして生きているわけだけど。

はっきり言って、昨日は、ありがとうはなかったなあ...と思いかけた。
でも、当時のことをふと思い出して。

こうして、身体のどこにも痛みを感じずに時を過ごせる。そのことが、いかにありがたいことなのか、ということを。

いつか、そうでないときが来るのだから。

何事もないことが、特別なありがとうがないことが、
実は、普段忘れがちな、一番大事なありがとうなんだな...。
[PR]
# by thanksdiary | 2004-04-20 06:50 | 今日のありがとう

アイスコーヒーをこぼして...

今日の午後、ドトールで、本を読んでいたら、
ふとした弾みに、手がアイスコーヒーのストローに当たって、

隣に座っていたおばさんたち2人の方に、こぼれてしまって...。

幸い、濡れたのはテーブルだけだったけど、
急いで店員に言って、テーブルを拭いてもらいながら、

すみません、と小さい声で何度か言ったら、
おばさんたち、特にいやな顔もせず、そのまま微笑みながら去っていった。

井戸端会議で盛り上がっている最中だったから、
たぶん、このまま居ても僕が気まずいと思ったのかな。

さりげない振舞いに...何も言えなくて。

ごめんなさい、そして、ありがとう。
[PR]
# by thanksdiary | 2004-04-19 03:06 | 今日のありがとう

西友のレジで...

ときどき目が合うレジの青年で、「きむ」さんという人。
たどたどしい日本語で、それでもきちんと仕事をしていて。

僕はいつもカードで払っているから、今日、現金で払ったら、
「めずらしいですね、げんきん。」と声をかけてくれた。

今まで、レジの人と言葉を交わすのは、レジの打ち間違いのときくらいだったけど、
今日をきっかけに何気ない話ができるかなって。

一つ、人と言葉のやりとりをする場が増えたなと思えて。
心が何となくホンワカして、いい感じ。

...ありがとね、きむさん。
[PR]
# by thanksdiary | 2004-04-17 18:21 | 今日のありがとう

ゆったりと流れる時間に...

世の中がせわしなく動いていて、
どこもかしこもスピード勝負で、落ち着かないのが当たり前と、

ほとんど割り切って毎日生活してるけど、
今日久しぶりに図書館というところに行って、

時間の流れるスピードの遅さが、
最初はもどかしくてもどかしくて仕方なかったけれど、

椅子に座って身体の力をフッと抜いてみたら、
ゆったりとした空気が心地よくて、

つかの間の休息になった。

...ありがたいひととき。
[PR]
# by thanksdiary | 2004-04-16 18:37 | 今日のありがとう

昼休みに...

日比谷通りを歩きながら、遠くに日比谷公園の緑が見えてきて、

都会のビルとコンクリートに囲まれる生活に慣れてしまっている自分が、
ふと実家の周囲にあふれていた緑を思い出して。

そういえば、子供の頃、田んぼのあぜ道で飛び回っていたな...。
泥の中からザリガニをすくい上げて...。
朝早く、神社の木の幹に蜂蜜を塗ってカブトムシをつかまえたな...。

とか、昔の記憶がサッと流れていった。

そういう時代が自分にもあったんだなって...。

ありがとう...というよりジンワリとした懐かしさ、かな。今日は。
[PR]
# by thanksdiary | 2004-04-15 08:26

ゴールデンウィークに...

食事をしよう、というメールが友人からきて。
昔からの友達で純粋に会いたいなと思える話でね。

最近僕は、人生は有限で時間は貴重だと思っていて、
その時間の一端を僕と過ごしてくれるということが、

かけがえのないことだと思い始めていたから、

この友達からの誘いが無性にうれしくて、
速攻で返事した。

...ちゃんと書いたよ。「ありがとう」って。
[PR]
# by thanksdiary | 2004-04-13 16:03 | 今日のありがとう

天気のいい日に...

ビルの中で仕事って、とてももったいない気分だったけど、
つかの間の昼休みに、

天気いいな~!! って思って、

体じゅうに太陽の光を思いっきり吸収するようなつもりで、
深呼吸をしながら歩いたら、

午後は体がぽかぽかで、内側から生きているという感じで。

何の変哲もない普段の生活の中に、一筋の幸せ。

ありがとうっと...。
[PR]
# by thanksdiary | 2004-04-12 20:46 | 今日のありがとう

家でCDを聴きながら

最近人から譲ってもらったヘッドフォンで、ブラームスの交響曲第2番のCDを聴いた。

ライブの音がとても生々しくて、空気のゆれが伝わってくるような感じで、ステージの上の奏者の息づかいまでが伝わってきて。

実際にコンサートホールにいるような感じで、前に行ったのはいつのことだったか忘れたけど、あのときの臨場感だけが思い出されてきて。

そういえば最近行っていないな、コンサート。

でも、家にいながらにしてこの臨場感。ホールに出かける手間が省けたみたいな。
夕食の時間なのに、もうお腹いっぱいという感じで。

今日は...独り言のような、ありがとう。
[PR]
# by thanksdiary | 2004-04-11 23:27 | 今日のありがとう

今日はじめて、朝食で...

フランスパンにオリーブ・オイルをたらして、食べてみた。

香ばしくも青々とした香りにかすかな苦味と塩味...。
地中海の太陽降り注ぐ土地のエキスが凝縮されたような...。

シンプルな味わいにも豊かさを感じた。

自然の恵みに...ありがとう。
[PR]
# by thanksdiary | 2004-04-11 01:20 | 今日のありがとう

昨日、家に帰ったら...

小さい包みが届いていて、
開けてみたら僕の大好きな坂角のゆかり。

子供の頃から好きで、何枚もボリボリ食べてたっけ。
今でも、たまたま売り場の横を通ると、ふと買ってしまう。

エビがそのまま入っていて、カルシウムが豊富で。
骨を丈夫に...という母の願いがあったのかも。

そんなことをつらつら思いながら、母からの包みをあけました。

何歳になっても母から見れば子供。

ありがとね、お母さん。
[PR]
# by thanksdiary | 2004-04-10 10:29 | 今日のありがとう

演奏会に招待したのに...

結局、当日も来なかったあの叔母さん。
「行くからね」という言葉はうそだったのか...。

そう思っていたけど、もう1ヵ月前のことで忘れかけていたら、
今日電話が来て、「ニューヨークにオペラ見にいくことになってしまって。」

なんだ、それじゃしょうがないじゃん。僕のバイオリンとニューヨークのオペラでは比較にならない。

思わず、脱帽。

忘れてなかったんだなって。「CD焼いて送ってよ」だって。

もちろん送るよ。

楽しみにしててくれたんだなって。思わず嬉しくなって。

...ありがとうね。
[PR]
# by thanksdiary | 2004-04-09 01:59 | 今日のありがとう

昨日のこと...

六本木の交差点のそばにあるダイニング・バーで、
3人で軽く食事をしたときに、

店長の気配りの仕方がものすごく自然で、
僕たちの会話をさえぎることなく、さりげなくいろいろ教えてくれて、

それもあって食事がとても楽しめて。
さすがプロフェッショナルだなと思った。

秋山さん、美味しい時間をありがとう...。
[PR]
# by thanksdiary | 2004-04-08 12:22 | 今日のありがとう

朝、家を出てから...

背広のボタンがひとつとれていることに気づいて、

職場に着いてから、地下のクリーニング屋のおばさんにお願いしたら、
ボタンをつけるのを快く引き受けてくれた。

つけてくれたボタンを手で触っていたら、
まるで実の母親につけてもらったような感じがしてきて。

ホントに助かった。

ありがとうございました...。
[PR]
# by thanksdiary | 2004-04-06 19:21 | 今日のありがとう

家に帰って...

一日仕事にもまれて家に帰ってみて、
この静かに流れる時間がとても貴重に思える。

一人で過ごす夜は寂しくもあるけれど、
何者にも邪魔されない静かなひとときが、

今の自分にはとても大切だと思えてきた。
そんなひとときが手に入ったんだから、

やっぱりここは...ありがとう。
[PR]
# by thanksdiary | 2004-04-06 00:53 | 今日のありがとう

朝のひととき

今日は朝からエクセルシオール・カフェでお茶を一杯。

運良く窓際のテーブルの広い席が空いていて、
そこから見る外の景色は、生き生きしてて。

もう春なんだな...と実感できた。

心まですがすがしくなって、とても良い1日のスタートになった。

おひさまに、「ありがとう」。
[PR]
# by thanksdiary | 2004-04-05 10:32 | 今日のありがとう